ジスロマックの利点と言えば即効性の高さや副作用の発生率の低さでしょう。感染症にお悩みの方はジスロマックをお試しください。

手にあるカプセルホテル
  • ホーム
  • 苦いジスロマックを飲むコツ

苦いジスロマックを飲むコツ

青い細菌

細菌に感染することによって発症する細菌感染症の仲間としては、さまざまな種類が挙げられます。
こうした場合によく処方される医薬品としては、マクロライド系の抗生物質であるジスロマックなどが挙げられます。
ジスロマックを正しく服用した場合には、その有効成分が体内で細菌のたんぱく質の合成を阻害するはたらきをします。
これにより細菌はもはや増殖することができなくなり、やがて感染症の腫れや痛み、発熱などといった症状は改善するものです。
具体的な病名でいえば、咽頭炎、急性気管支炎、喉頭炎、子宮頚管炎、歯周組織炎、尿道炎、肺炎、扁桃炎、リンパ節炎、深在性皮膚感染症などといったものに対しての効果があるとされています。

このジスロマックについてですが、総じて抗生物質とよばれるものは、口に入ると苦味があることが多いです。
大人はまだしも、子供に服用させようと考えても、なかなか飲んでくれないといった、こまった事態になることもあるものです。
ジスロマックに関していえば、一般的には錠剤タイプのものが処方されていますが、ドライシロップや細粒などといった、子供でも飲みやすいような別のタイプのものもあります。
なので医師に処方してもらう際に、意図的にそうしたものを指定してもらえるように依頼するのもよいといえます。

そのほかにも、飲み合わせには注意すべきですが、たとえばアイスクリームやジュースのような甘いものに混ぜて子供に与えるといった古典的な方法もあります。
最近では薬局やドラッグストアにも、子供が容易に苦い医薬品を飲むことができるように、味付きの特殊なゼリーなどを置いている場合がありますので、こうしたものをためしてみるというのもよいでしょう。

関連記事