ジスロマックの利点と言えば即効性の高さや副作用の発生率の低さでしょう。感染症にお悩みの方はジスロマックをお試しください。

手にあるカプセルホテル
  • ホーム
  • ジスロマックの個人輸入における注意

ジスロマックの個人輸入における注意

赤いカプセル

ジスロマックは、細菌が原因である感染症に幅広く効果がある抗生物質です。
いったん服用してしまえばその効果が持続する時間も比較的長いという特徴をもっています。
そのため、咽頭炎や扁桃炎、肺炎などといった病気から、尿道炎や子宮頚管炎のような性感染症まで、処方されるケースも多いといえます。

ジスロマックは抗生物質のなかでもマクロライド系といわれる種類のため、ペニシリン系などと比較すると、まだしもアレルギーなどの服用が起きにくいとはいわれています。
しかし、やはり抗生物質という、細菌を殺菌できるほどの効き目が強力な医薬品であることにかわりはなく、安易な使用では副作用をひきおこす可能性もあります。
なので、医薬品医療機器等法とよばれる法律によって、さまざまな規制が敷かれています。

そのため、国内でジスロマックを入手できるとすれば、医師による処方箋がある場合というのが原則になります。
しかし、海外から個人輸入で取り寄せる場合については、こうした規制がかからずに、実質的な通販と同様のスタイルで入手できる場合があります。
簡単に言えばジスロマックをインターネット通販で買うことができるということです。
そうした場合の注意ですが、まずは個人で使用できる1か月分程度の量を超過して輸入をしてしまうと、さきほどの医薬品医療機器等法に触れてしまい、税関で差し押さえられてしまう可能性があるため要注意となります。
また、輸入に成功したジスロマックも、有償であるかどうかにかかわりなく、他人に譲り渡してはならないことが、法律で定められていますので、こちらも注意しなければなりません。
さらに、法律以前の問題として、海外には実は事情を知らない外国人にニセ薬を売りつける悪徳業者もあり、信頼のおける業者を選択しておかないと、ニセ薬を受け取るはめになってしまうという点にも注意をする必要があります。

関連記事