ジスロマックの利点と言えば即効性の高さや副作用の発生率の低さでしょう。感染症にお悩みの方はジスロマックをお試しください。

手にあるカプセルホテル
  • ホーム
  • ジスロマックとアレルギー問題について

ジスロマックとアレルギー問題について

オイルみたいカプセル

ジスロマックは抗生物質の一種であり、細菌が原因となる感染症の治療の場合によく用いられている医薬品です。
適応菌種としては、連鎖球菌、ブドウ球菌、インフルエンザ菌、レジオネラ菌、肺炎球菌、クラミジア、マイコプラズマ、淋菌などといったものが挙げられています。
そのため、咽頭炎、喉頭炎、扁桃炎から、肺炎、気管支炎や、あるいは尿道炎、子宮頚管炎、骨盤内炎症性疾患といったものまで、幅広く効果を発揮するものといえます。

このジスロマックは、同じ抗生物質でも、マクロライド系といわれる種類に属しています。
ペニシリン系ではアレルギーのために服用できなかったという人であっても、服用することが可能な場合があり、他の副作用そのものも、それほどはないといわれています。
しかし、医薬品である以上は、まったく副作用がないということはまずありえないもので、ジスロマックについてもやはり例外ではありません。

薬物アレルギーに関していえば、重大なものとして、皮膚粘膜眼症候群のようなものが挙げられます。
この皮膚粘膜眼症候群というのは、高熱とともに、皮膚の発疹、皮膚がただれてめくれ上がってしまう、目をはじめとする粘膜が赤くなるといった症状が急激にあらわれるのが特徴です。
ひどい場合には失明したり、死亡に至るといったこともある、おそろしい副作用です。
これはなにも抗生物質にかぎったことではなく、抗てんかん薬や非ステロイド性の抗炎症薬など、さまざまな医薬品がもとになることがあります。
もしもこのような症状があらわれた場合には、一刻を争うと考えて、ただちに病院を受診して、詳しく検査や診察をしてもらうことが大切であるといえるでしょう。

関連記事